65歳から

いまは65歳くらいまで元会社や関連会社で何らかの形で雇ってくれるところが多いと思います。
そこで会社を辞めてからの健康管理について述べてみます。
会社を離れて自由になると生活規律が乱れますね。
いつ寝て、いつ起きてもいいのですから。
しかし不規則な生活はいけません。また話し相手もカミさんだけになったりします。
濡れ落ち葉になるのは好ましいことではありません。

 

そこでお勧めはシルバー人材センターへの登録です。
元気であれば何らかの仕事はあります。
また特殊な技術を持っていればそれなりの仕事があります。
たとえば植木の手入れや機械でやる草刈。障子張り・ふすま張り、網戸の張替え等の便利屋さん適な仕事。
技術がそんなに必要としないのは体をはった仕事・・・ポストニング、カート回収業務、ビルやショッピングモール等の清掃。
食堂の食器洗い等。
ちょっと頭を使うのはスーパーの品出し。物によっては1万種くらいの種類があるのもあるそうです。
これらが置いてあるところを覚えるには半年かかるとか、またよく模様替えをやって置き場所がしょっちゅう変わることもあるとか。

 

私は仲間と一緒にやる仕事がお勧めです。
仲間と一緒だとお話ができます。他人と話をすることはボケ防止に最適です。
また仕事をしていれば、少しは規則正しい生活ができると思います。
それに多少でもお給金が入れば、孫に小遣いくらいやれます。
どうでしょうか?